こぶしを突き出す男性

現在の日本の企業ではさまざまな取組が行なわれています。なぜなら、今の日本はストレス社会で新卒者が次々と退職していってしまい、若い世代がしっかりと就職できていないという現状が社会問題となっているからです。
少し前までの日本の教育が「ゆとり教育」だったと反省をしていて、現在の小中学校では厳しい学習が行なわれています。しかし、子どものストレスが増えてきているためそこにも課題が残っているのですが、これから日本を作り上げていく若い世代の就活生にはしっかりと会社を支えてほしいものです。
そのためにいくつかの企業では「内定者フォロー」という研修を行っています。内定者フォローとは、就職活動に成功した社会人になった新卒者を、企業で実績を残せる優秀な人材に育成することを目的としています。
さらに、せっかく内定をもらった新卒者が辞退をすることが増えてきているため、辞退者を増やさないための研修を行っているのです。

新卒者は就職活動を長い期間にわたって励んでいます。面接後には内定がもらえるかどうかがとても不安で押し潰されそうな気持ちを抱えています。しかし、内定をもらった後には内々定がありますが、それさえも不安になり他の企業に移ってしまうこともあります。
企業にとって他の会社にせっかく内定した新卒生をとられるのは損となってしまうため、内定者フォローで内定者の不安を取り除きながら人材を育成していくのです。
最近は就職が困難となっている日本では、新卒生にとって求人情報は宝物を見つけたかのようなものです。内々定をもらう前の内定者の不安な心は、他の求人を見つけると救世主のように感じてしまいます。
内定者フォローで研修を行うことで、事前に企業についてのことやビジネス、そして予備知識などを覚えてもらうことができます。

内定者フォローの研修を行っている企業はまだまだ多いというわけではありません。競争関係にある企業に負けないために、そして良い人材を見逃さないためにも内定者フォローを行う企業はこれから増え続けます。
他の企業との遅れをとらないことはビジネスにおいてとても需要なこととなっているため、実績以外でも、他の企業に負けない取り組みを行いましょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031