両手でガッツポーズ

就活生は周りの仲間がライバルとなり、それぞれが切磋琢磨し合いながら就職活動に励んでいます。しかし、企業では内定する人数は決められているため全員が内定するわけではないので、どちらが内定するかを不安を抱えています。
内定をもらった後、基本的には内々定までに1年間働く必要がある場合があります。中にはもっと早い場合もありますが、内々定を通ることが出来ない場合もあります。内々定を貰うまで不安との勝負をしなければならない内定者達は他の企業へ移動しようかどうかなどを考え始めてしまいます。
企業にとってそのようなことは良い人材を逃してしまう損になってしまいます。そのために企業は内定者フォローを行います。企業は不安をさせたくて内々定を後にしているのではなく、企業にとってこの人材が必要かどうかなどを再確認したりなどを行っています。
しかし、それは内定者にとっては悪夢のような期間となってしまうため、企業は内定者フォローの研修を行い、悪夢を見せずに期待感をふくらませて上げる必要があります。

期待感を持って入社してくる新卒生には、その企業にいるサラリーマンたちにとって大きな刺激となるはずです。若い世代の覇気は、「自分も頑張ろう。」と思える社員の原動力にも繋がります。
そうすれば企業全体の活性化をすることができるため、お幅に実績を伸ばすことも可能となります。期待感よりも悪夢のほうが大きくなった内定者を内々定してしまうと、入社した時に周囲の社員の原動力は上がりません。

このように、内定者フォローでは新卒の内定者の不安を取除き期待感をふくらませることができるだけではなく、そこから社員が活性することに繋がり、会社全体の活力も向上していくことを目的とします。
内定者フォローの研修をしっかりと行える人材もとても重要となります。なぜなら、内定者に響かせることができる話術が重要となってくるからです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930